このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
ソニー DSC-P1
キャノン IXY Digital
オリンパス CAMEDIA C-1400L
キャノン G2
カシオ QV3000-EX
ニコン COOLPix900

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 AXIA iX-1


30万画素のかわいいカメラなのです(おもちゃと思った方が適切かもしれません)。

カメラといっても電源とモード設定を兼ねたボタンと、シャッターボタンしか無いものだけに、真剣に写真を撮ろうとするには力不足、というより目的が違うものです。

レンズ付きフィルムの感覚で気楽にとって楽しく遊べればいいというものです。だから大きな期待をするほうが野暮というものですが、デジカメの初期には30万 画素でも立派な価格で売られていたものです。
この程度の画素でもホームページ に貼り付ける画像のように、使い方によっては十分実用になります。

AXIA iX-1写真

安価のカメラにしてはおまけのソフトが豊富で、レタッチやアルバムソフトだけでなく、フォトファンタジーやフォトモンタジューというなかなか楽しいソフトが付属しています。
さらにネットミーティングを利用してテレビ電話を楽しむこともできるようになっています。

ピンクの花と観葉植物の写真
↑ AXIA iX-1で撮った写真

いろいろおまけが盛り沢山ですが、本来のカメラの機能はどの程度でしょう。あまり期待せず、いろいろ撮ってみましたが、予想以上にまじめな絵が出てきました。

多少暗くても露出が補正されており、利用範囲はいろいろありそうです。
ただ、レンズも固定焦点でファインダーも単純なもので、液晶画面での確認もできませんから、オークションに載せるような写真を撮ろうとしても小さいものはピントが合わず、ファインダーもずれて思うような雰囲気が出ないかもしれません。

街の中で気楽にわいわい仲間を撮るのであれば、焦点もほどほどで、細かいしわやあばたも写らずうまくいけば楽しいかもしれません。

単純な構成のレンズだけに妙なひずみが無く、落ち着いた雰囲気になり、以外に面白い雰囲気の景色も撮れました。

高価なカメラの代用にするには無理かもしれませんが、これはこれで楽しめればいいですね。