このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
ソニー DSC-P1
キャノン IXY Digital
オリンパス CAMEDIA C-1400L
AXIA iX-1
カシオ QV3000-EX
ニコン COOLPix900

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 キャノン G2


キャノンの高級デジカメという雰囲気の伝わってくるカメラですね。

技術的に特に目新しい事や革新的なスタイルではありませんが、最初に手にした時にどこかしら高級感がただよってくるのはさすがと思えるほどです。

ちょっと大ききめですが、手に持った時は安定感と信頼性を感じる大きさです。操作ボタンも適当な大きさがあり、ぶきっちょな指先でも楽に正確な操作が出来ます。実用的にはこのくらいの大きさがいいのかもしれません。

キャノンG2前面

メモリーは最もポピュラーで信頼感のあるコンパクトフラッシュなので、手持ちのものが流用できて便利です。

ただ、電池は専用の充電池式なのが残念です。確かにこのタイプが電池容量が大きく使いやすいのかも知れませんが、できることなら最もポピュラーな単三タイプの電池を使わせて欲しいものです。いろいろ使い回しができるし、どこででも手に入れることができて経済的なのです。専用電池にすれば予備電池を買うのにも躊躇してしまいます。メーカーは電池を売って稼ごうとしているのではないかと思うのは考え過ぎでしょうか。

キャノンG2後面、上面

最も肝心なのは使いやすさと写真の出来具合ですが、撮った画像を見て「さすが!!」とうならされました。レンズの切れ味が十分に感じられる画像です。シャープさもコントラストも色再現性も「いいなあ!」と思ってしまいました。単に400万画素を謳うだけではなさそうです。

売り物の一つであるハリアブル液晶モニターは、撮影角度をどんなにとっても楽に撮影状況を確認できる自由度がなかなか便利です。ただ、気楽に使うとカメラブレになりやすく、ホールドには十分注意が必要です。

これだけ高級感があるとファインダーの精度も期待したいところですが、一般的なデジカメと変わらず、近接撮影では視差に十分注意しないと対象物をはずしてしまいます。

所有感のある外観と気持ち良い操作性、さすがと思わせる写り具合と高級レンジファインダーを彷彿させるムードがあります。

キャノンファンならずとも余裕があれば持っていたい一台のような気にさせられました。