このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
ソニー DSC-P1
オリンパス CAMEDIA C-1400L
キャノン G2
AXIA iX-1
カシオ QV3000-EX
ニコン COOLPix900

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 キャノン IXY Digital


APSカメラでダントツに売れたIXYのイメージをそのままデジカメに持ちこみ2匹目のドジョウもしっかり捕まえたモデルです。

メタリックな高価なアクセサリーを思い浮かべるような外観はいかにも精密で、中身がたっぷり詰まったような印象をうけます。小さいながら、手に持った感じはズシリとした雰囲気があり、これも高級感をかもし出しているような感じがします。

小さな外観でもメモリーは汎用性の高いコンパクトフラッシュを使っており、何か信頼感を感じさせます。さすがに電池は小型の専用電池を使っています。この大きさでは汎用の単三型の電池など入る訳がありません。

キャノンIXY Digital前面

大変小さな外観だけにレンズもかなり苦労していると思えますが、光学2倍ズームは立派です。この後発売された3倍ズームのIXY300は同じムードの外観ながらかなり大きめになっています。私の周りの女性群などは小さいIXY200の方がかわいいと評価しています。

この大きさですが、写りは立派なもので、大きめのカメラと撮影後の映像を比較しても全く劣らないほどです。ただ、レンズも非常に小型にまとめているだけに中心部の解像度は非常に高い反面、周辺部は多少乱れも見られますし、周辺部の光量不足も感じられます。しかし、目立つほどのものでもありませんし、スナップ写真などでは中央部の被写体を浮き上がらせる効果があり、好ましい印象があるかもしれません。

キャノンIXY Digital後面、上面

発色も派手過ぎるというほどでもありませんが、結構元気な色で楽しい写真が出来ます。

ポケットに入れて歩くと、小さい割には重量感があり、予備電池と予備メモリーを付属ケースの中に入れておくと予想以上に存在感があり、かなりかさばるものです。前面から見ると小さいのですが、奥行きがかなりあるためこんな印象となるのでしょうか。

IXYの利用者から電池がすぐなくなってしまうという意見を良く聞きます。電池が小さいせいもありますが、動作中の温度上昇も少なくなく、消費電力も多めのような気がします。後継機種では改善されているのでしょうか。

IXYの一人勝ちに対抗しようと各社から様々な工夫をした小型カメラが現れていますが、この次のIXYはどんな提案をしてくるのでしょう。IXYはあの高級感が魅力だという意見が少なくないだけに今後も楽しみにしたい物です。