このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
ソニー DSC-P1
キャノン IXY Digital
オリンパス CAMEDIA C-1400L
キャノン G2
AXIA ix-1
ニコン COOLPix900

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 CASIO QV-3000EX


300万画素のカメラが一斉に発売されて「すごいなー!」と思ったのは何時だったのだろうと思うほどデジカメの世界は忙しいですね。

CASIOはデジカメを早くから手掛け、それなりに注目されながら発展してきたと思うのですが、今は「すごいなー!」「欲しいなー!」と思わせるものが少なくなっているような気がします。それほどこの業界は変化が激しいのでしょう。

QV−3000EXはCASIOの長年培ってきた技術を発展させて作り上げた機械ではないかと思います。同時に発売された各社のカメラに比べ、安価で大きな特徴の少ない機械でしたが、必要な機能は十分に織り込まれており、通常の撮影で不満を感じることは全く無いお買い得なモデルでした。

カシオQV3000前面

いつも使う露出補正は左手の十字キーで簡単に行うことができ、撮影モードもモード設定キーと十字キーで必要なときすぐ変更でき、銀塩一眼レフを使い慣れている者にも大きな違和感無く、マニュアルも見ないで使えてしまうほどです。

カシオQV3000後面、側面

大きさもじっくりと構えるに手ごろで安定感のあるものです。電池は単三型、メモリーはコンパクトフラッシュと一般的なもので、今までいくつかカメラを使っていた人なら使いまわしもできる便利なものです。たまに使ってもカメラはこうでなくてはと思わせるものです。

写真の仕上がりも、際立った説得力や鮮やかさはありませんが、嫌味がなく、十分に解像力も感じさせる好感の持てる仕上がりです。レンズはCANONレンズと刻印されていて、どこか安心感があります。
もちろん広角では樽型ひずみが感じられるので、特に優秀とも思えませんが、F2.0〜2.5と望遠でも十分明るいもので暗いところでも使ってみたくなる性能です。

新しいカメラを追い求めるよりもいつもカメラを持ち歩いて、少々傷がついてもガンガン使っていくのが写真の上達の一つではないかと思いますが、こんな目的にぴったりのカメラの一つではないかと思っています。