このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
ソニー DSC-P1
キャノン IXY Digital
オリンパス CAMEDIA C-1400L
キャノン G2
AXIA iX-1
カシオ QV3000-EX

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 Nikon COOLPIX900


ニコンの本格的デジカメの元祖のようなカメラです。

デジカメに初めてニッコールレンズを搭載し、細部まで正確に描き出せることをうたい文句にしていました。実際にそれまで出ていたカメラに比べシャープな写真となり、カチッとした雰囲気はニコンのメーカーカラーを十分に感じさせるものです。

140万画素あれば現代でも十分通じる性能があり、画素数は多くても何故か物足らないものが少なくないコンパクトデジカメより、上に見えるほどです。

Nikon cool前面写真

Nikon cool後面写真

レンズと本体を回転式にし、自分撮りもでき、ローアングルもハイアングルも液晶で確認できる便利さがあります。この回転式にする大きな理由にはレンズが全て収納でき、電源オン時にレンズをにょきにょき繰り出す必要が無く、立ち上がりが早くなることや、レンズの設計が楽で高性能なものができる可能性があります。大き目のレンズをつけても、くるっと回せばコンパクトにまとまります。と言ってもポケットに押し込もうとしたり、バッグに入れたときには、見かけより大きなことを感じてしまいました。

様々な利点を計算していたせいか、他社にない独自の形態ながらこの後のモデルもおなじ形式が続いていました。後継モデルになるほど高機能、高性能になりレンズ回りが大きくなり、操作ボタン類も増加していったのが分かります。CCDも大型になり、レンズも限界になってきたのか一般的な形式のCOOLPIX5000が現れたのはいろいろな計算があるのでしょうが、ニコンの伝統をさらに進化させて欲しい気もします。