このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
ソニー DSC-P1
キャノン IXY Digital
キャノン G2
AXIA iX-1
カシオ QV3000-EX
ニコン COOLPix900

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 オリンパス CAMEDIA C-1400L


今更と思えるカメラですが、発売された時には1眼レフファインダーを持つ高級機種だけに、今使ってみても高性能、まとまりの良さ、使いやすさを感じさせます。

現在は何故か少なくなっている一眼レフは、ファインダーを覗き、ピントを確認し、構図を確認すると、見やすさと同時に安心感、安定感が伝わってきます。

最近は小型液晶を使った電子ファインダーが圧倒的に多くなっていますが、見やすさから言えば絶対に一眼レフファインダーだと思えます。

オリンパスC-1400L前面

確かにシャッターを押す前に画像が確認できないとか、カメラの情報が少ないとか不満もありますが、カメラはファインダーの見やすさが命だという事は、ライカのレンジファインダー機の例を挙げるまでもなく納得できる事です。電子ファインダー機から持ちかえると、すがすがしさで気持ち良くなります。

このカメラが生まれた時は140万画素は大変高精細と思われ、レンズも十分な性能が確保されています。現在の高画素のコンパクト機と比べるとレンズの大きさが違うのが納得できるほどで、画面の隅々まで切れ味の良さが伝わってきます。だてに大きいだけではないと理解できます。

オリンパスC-1400L後面、上面

私の持っている200万〜300万画素のコンパクトカメラと比較しても、画像はそれほど劣っているとは感じられません。最近のカメラに比較すると機能が少なく、露出補正以外操作できる項目は無く、メニューも単純で、説明書をあえて見なくても十分使いこなせるほどです。ブラケットが使えればとか、連写が出来ないとか、使えるメモリー容量が少ないとか、いろいろ希望も少なくありませんが、今も立派に使えるカメラです。

インタ ーネットのホームページに利用したり、2Lサイズ程度の記念写真を撮影するには十分過ぎるほどです。時々A4サイズに拡大してみますが、コントラストやひずみの少なさなどレンズの良さが現れ、細い斜めの線などウィークポイントが無いわけではありませんが好感が持てます。

今後も大切に使っていきたい1台です。