このページではjavascriptを使って過去のカメラだんぎへリンクを貼っています。
過去のカメラだんぎは以下のとおりです。
ミノルタ RD-3000
ミノルタ dimage-X
キャノン IXY Digital
オリンパス CAMEDIA C-1400L
キャノン G2
AXIA iX-1
カシオ QV3000-EX
ニコン COOLPix900

カメラだんぎ

◆カメラ一覧 


 ソニー DSC-P1


CanonのIXYを意識して作られたかどうかは知りませんが、IXYの強力な対抗馬になっている事は間違いありません。 ソニーらしさに溢れるかわいい大ヒットしたデジカメです。

小さなボディーに334万画素のCCDと3倍ズームレンズを持ったなかなのカメラです。

IXYの競合機種なのに、まるで違った雰囲気にしているのはさすが、ソニーだと感じさせます。横に長い棒のようなデザインはソニーの売りだし中のメモリーのスティックを思わせる雰囲気はそれを考えての事でしょうか。

小さくて、端っこにレンズを付けたデザインは使ってみるまでは何か持ちにくそうで安定性が悪そうに思えるのですが、実際使ってみるとなかなか安定した撮影が出来ます。

ソニーDSC-P1前面

ソニーはビデオもデジカメも電池のスタミナをうたい文句にしていて、IXYに比べ大き目の電池が使われています。実際に使ってみてもその持久力は長く感じます。デジカメはチャンスがあればすぐシャッターを切ろうとスイッチを入れっぱなしにしておく場合が多く、電池が長く持つのは大変ありがたい事です。

でも、かなり持つからと充電を忘れていると、肝心なときに切れてしまったりするので、重要な撮影がある前には確認が重要です。

ソニーDSC-P1後面、上面

写真の写りはハッとさせられるほど、鮮やかな絵が出てきます。特に私のP1は緑が鮮やかで、植物がいつも新緑のように表現されます。一度気にすると、どうしても気になってしまうのは私だけでしょうか。

P1は厚みのかなりあるカメラで、棒という表現がぴったりでしたが、その後のPシリーズはかなり薄くなり、努力したなと感じさせてくれます。ただ、うすく、小型にする為、レンズにもしわ寄せがあったようで、望遠時のレンズの明るさが暗くなっているようです。作りも初代に比べて重厚さが少なくなっているような気がするのはP1を持つ私のひがみでしょうか。

IXYとは違ったスタイルをとりながら同じように若い女性に人気の出る製品を出せるのはさすがソニーと言わせるモデルですね。